喝詩

世間は「活字を読め」と言う。
もし本当に活字が活字であるなら、
それは「喝詩」だ。