バカほど陥れられて悪いものを買い、稼ぐ為に人を陥れる悪循環

金原です。

僕は個人的に、「日本ほど良い国はない」と思っていますが、同時に、「これほどまでに人が腐ってしまった国はない」とも思っています。

何故かと言うと、世界中がそうかもしれませんが、人々が無知であるが故に、陥れられ、悪いものを買い、そのために稼がなければならず、稼ぐために人を陥れる、という「悪循環」が良く目立つからです。


今回は、そんな社会の現状と、そこから抜け出すための術について話そうと思います。

これが分かれば、生活が楽になり、生活水準や健康水準が向上し、何よりも人を陥れなくて済むようになるので、頭に入れておくと良いです。


ではまず、今の日本市場(人)がどれだけ腐ってしまっているのか?

ここについて認識してもらいましょう。



買わない方が良いものばかり

食品添加物の毒性や断食(ファスティング)等について学んでいると分かるのですが、特に食品に関して言うと、市場は「買わない方が良いもの」ばかりで溢れています。

買わない方が良いというのは、「体に悪い」ということです。

つまり、スーパーに並んでいる食品のほとんどが、体に悪いから買わない方が良いということになります。


他にも、
病院に行くほど病気になったり、
朝食が体にとって負担だったり、
プラスチックのリサイクルがむしろ石油の無駄遣いだったり、
森林保護の呼びかけが人工林を荒らして花粉症を発生させたり、
魚の残骸を海に捨てるのを不法投棄だと言うことで小魚が減ってしまったり。

この世はおかしいことばかりになってしまいました。

特に日本は。


それらの悪いものを取り入れたことによって、「人々の体が腐ってしまった」という面ありますが、もう一つひどいのは、「やることが汚くなってしまった」というところです。

要するに、現状の日本人は体も心もダメになってしまったんですね。

その証拠が、薬局の増加や、食品スーパーに置かれた体に悪いものの多さなのです。



悪いものを買うために陥れ合う

そこに体に悪い商品が乱立していると言う事は、それだけ「体に悪いものを買っている人がたくさんいる」と言う事でもあります。

これは同時に、「人を陥れている人がたくさんいる」ということでもありますね。


ここには、人間が持つ、
・人を陥れる
・人から陥れられる
という2つの側面があります。

ここから言えるのは、多くの日本人が、「陥れられるために人を陥れている」ということです。(これが今回お話ししたい悪循環のことです。)


どういうことかと言うと、「買うべきではないもののために余計なお金を稼いでいる」ということなんですね。


例えば、体に悪いものを食べると、消化、吸収、分解、排泄にものすごい量のエネルギーを消費します。

最悪の場合は病気になって、より多くのエネルギーを使うことになるでしょう。

要は、体に良いものを選べば、比較的少量の食事でも済むのです。(もちろん栄養のバランスを考えなければなりませんが。)

ということは、比較的値段が高い、高品質な食品を選んだとしても、損にはならないし、むしろ病気にならないことで、人生全体の質が大幅に向上するということになります。

それに対し、多くの企業が「作られた旨さと安さ」で悪い商品を大量にばらまき、無知な人たちを不健康な方にどんどん陥れていくんですね。


では、なぜ人を陥れてまで稼ごうとするのか?

それは、その人たち自身が買わない方が良いものを買っているからです。

つまり、多くの人が、余計な消費のために、余計な労働をしているのです。


陥れられないための知恵は無いのに、陥れるための知恵は持っている。

ここが最大の問題点だと思います。



買うのをやめれば陥れずに済む

良いものを食べれば、将来的には病気にならず、多額の治療費を節約することができます。

要は、悪いものなら買わなければいいのです。

そうすれば、稼ぎも少なくて済み、人を陥れる必要性も下がります。

つまり、買うのをやめれば、余計なお金を稼がずに済み、より稼がずに済めば、人を陥れずに済むのです。


ただ、そのためには勉強をする必要があります。

とは言っても、現代の人々は、人を陥れるためのビジネスセンスなどを磨くためには、努力を惜しみません。

なら、そのエネルギーを向ける方向をちょっと変えればいいだけです。


人を陥れるために使っていた時間、労力、お金。

それらを勉強に費やせばいいだけ。

それは結局、自分の人生の肥やしとなり、生活水準や健康水準、幸福水準を高めてくれます。


人を陥れながら、自分も人から陥れられる。
より良い生活をするために、日々勉強する。

このどちらが良いかは明白なはずです。

何せ、あなたの幸福を追求すれば良いだけなんですからね。


「自愛が社会を通して他愛に繋がる」

これだけでも覚えて帰ってもらえたらと思います。



最後に

「他人を陥れる」という言葉でまとめるなら、「陰謀論は一般人の中にも潜んでいる」ということが言えます。

陥れられている分(余計は消費)を補うために人を陥れる(余計に稼ぐ)。

そんな不毛な「いたちごっこ」から抜け出すためには、陥れるための知恵よりも、「陥れられないための知恵」を身に付けることです。


使い放題のインターネットで勉強してればいいわけですから、いい時代になりましたね。

ここからの人類は、悪しき時代から折り返して、本来の姿を取り戻し始めると思います。


ちなみに、「陰謀論」が胡散臭く聞こえるのは確かですが、これを軸にして学べば、
・美容健康
・医学
・歴史
これらのより正しい知識が爆発的なスピードで手に入るので、オススメです。

勉強法としては、現時点ではYouTubeが土台。

そして、分からない部分を補うためにネット検索を行うと。


それでは、どうかご自愛、ご他愛、ご世愛下さいませ。

ありがとうございました。