人脈に作り方など存在しない。繋がりたければ自分のレベルを上げろ。

どうも、金原です。

人脈を作るのが簡単になれば、一体どれだけのプロジェクトが成功へ繋がるようになるでしょうか?ですが、「人脈を作る方法」を調べても、それが具体的に載っている場所はどこにもありません。

そう、人脈を作る方法なんてそもそも存在しないのです。それでも、人脈を作るためにできることはたくさんあります。

今回はそこの仕組みと、人脈を作るためにできることは何かを学び、実際の人脈作りに役立てて行きましょう。



「人脈の作り方」など無い

人脈の作り方って色々あるような気がしますけど、実はそんなもの元々存在しません。人と人が関わる方法なんて、どちらかが声をかけるか、かけられるかしかないんです。

それは「人と知り合う方法」なのであって、「人脈の作り方」なんて言い方をしたら、そこには方法論が存在しなくなります。


最終的にはコンタクトを取るしかない

そこがどんな場所であろうと、どんなツールを使おうと、人と人が関わるには最後、コンタクトを取るしかありません。

こちらから声をかけるか、声をかけてもらうか。そのどちらかで繋がること以外に人脈を作る方法は存在しないのです。

例えばツイッターでお互いがフォローし合っていたとしても、それは知り合っているだけで、まだ人脈が構成されているとは言えません。実際の人脈として機能させるには、最後どちら一方がリプライかメッセージを送るしかないんです。

異業種交流会に参加しても同じでしょう。参加しただけでは人脈が構成されたことにはならず、最後はやっぱり話しかけて名刺を交換したり、連絡先を交換したりしないといけませんから。


出来るのは自分のレベルを上げることだけ

だとすれば、人脈を作るためにできることはただ一つ。それは「自分のレベルを上げる」こと。

こちらから声をかけた時にレスポンスが帰ってくるような人間になるか、向こうから声をかけてくれるような人間になるか。どちらにしても、自分のレベルを上げるしかできることはありません。

レベルの高い人間になれば、人は周りから寄ってくるようになりますし、こちらから声をかけてもレスポンスが帰って来やすくなります。

大切なのは、そうやって人脈を「選べる状態」にすると言うこと。人脈を選べるようになって初めて、声をかけた時にそれが人脈として機能できるようになります。



自分のレベルの上げ方

なら、どうすれば人脈を作る上での人間力(レベル)を上げることができるのか?そこには3つの要素と方法が隠されています。

1.目的を持つこと
2.ビジョンを明確にすること
3.具体的に活動を進めること

この3つを揃えることで、あなたの人間的魅力は大きく向上し、周りから見て「関わりたい人」になることができるでしょう。


1.目的を持つこと

まず、目的を持って行動している人は全てが違います。これは当たり前のレベルの話なのですが、ここがまずしっかりしていないと話が始まりません。

目的を持たずに話しかけられても困りますし、目的を持たずに行動している人には「一貫性」がないので、そこには秀でた能力が育つこともありません。

これでは何が目的なのかが分からず相手を困らせてしまうだでなく、何が売りなのかもわからないまま人から相手にされなくなってしまいます。

なので、まずは目的を持って行動する人間になること。さらには目的を持って生きていくこと。それが次のステップである「ビジョンを明確にすること」につながります。


2.ビジョンを明確にすること

目的を持って生きるまでに成長したら、今度はその目的をどうやって達成していくのか?と言うビジョンを明確にしてください。目的とビジョンが揃えば、それは1つのプロジェクトであり、1つの可能性だと言えます。

「プロジェクト」や「可能性」を持った人間には、それだけで

・ちょっと話を聞いてみたい
・可能性に触れたい

と言う付加価値が添加されます。ここが人間の持っている価値の根源であり、育てていかなければいけない部分です。


3.具体的に活動を進めること

ビションを明確にしたら、それを実際に行動へ移してください。行動が進めば進むほど、ビジョンはより確実なものとなりますし、可能性も大きくなっていきます。

それだけ

・話を聞いていみたい
・プロジェクトに参加したい

と言う周りの人間の潜在的な気持ちが大きくなり、それだけあなたの価値は大きくなっていくでしょう。

こう言う気持ちで繋がるのが異業種交流会であり、そういった場所で人と人が「僕はこう言うことをやっているんだ」「こう言うことをやろうとしているんだ」と言う話をすることで、人は成長していけるんです。

だから、あなたの持っている目的、ビジョン、行動は間違いなく付加価値となり、あなたの人間的な魅力を向上させてくれます。

それらがより具体的で進んでいくほど、周りから見て「関わりたい人」になることができるのです。



最後に

あなたがこれまでに関わって見たいと思った人には一体何があったでしょうか?そこには必ず目的や、ビジョン、具体的な活動が存在し、それらがさらに周りの人より進んでいたはずです。

ですから、あなたもそれらを手にし、育てていけば、おのずと人脈を選べる立場の人間になるでしょう。

焦らなくても、それからゆっくりとコンタクトを取ればいいのです。むしろ、そうしなければ相手方に失礼が及ぶことにもなります。

まずは実力を身につけ、それからコンタクトを取ること。要はそれだけ。人脈を作るのに方法はありませんが、そのためにできることはたくさんあります。

あなたも一歩一歩確実に成長して、どんな場所、どんなツールの上でも人脈が簡単に作れるような人になってください。



ありがとうございました。バンカラ道(ばんからどう)をよろしく。