大学へ進学しなければ1000万円以上得するかもしれない真実

日本に住んでいる学生のほとんどが学校へ通い、勉強し、進学をする。しかし、それに関わる「お金の話」など誰も教えてくれないのが本当のところだ。学校の先生でさえも。

今回の記事を読んでいただければ、「大学へ進学する」ということが当たり前ではなくなることを約束しよう。

あなたが自分の将来について真剣に考えるためにも、時間をかけてゆっくりと読んでほしい。



一人大学へ進学するのに1000万円かかる

多くの人がまず知らなくてはいけないのはこの数字。1000万円。これは、学生一人当たりが大学を卒業するまでにかかるお金のだいたいの数字だ。

1000万円なんてお金を貯めるのには一体どれくらいの時間がかかるのだろう?働いたことのない中学生以下の人達にはよくわからないかもしれないが、とにかく途方もない数字であることは確かだ。

もし、あなたが早いうちに大学へ進学しないことを選んでいれば、この大金は払わずに済む。

この数字が実際にそうであることを分かっていただくために、これから一体何にいくらかかって1000万円もしてしまうのか説明していくことにする。



1.大学の学費+入学費を払わずに済む

まず説明が簡単なのが大学の費用について。先に言ってしまうと、大学へ進学しないだけでなんと500万円も得をすることになる。ここが一番大きな関門だ。

大学にかかるお金には大きく分けて二つがあり、一つは「授業料」。もう一つは「入学費」。

授業料は一年間授業を受けるために発生するお金のことで、入学費は初めに入学しただけでかかってしまうとんでもないお金のことだ。


大学のほとんどが私立の学校

大学は中学高校とは違い、ほとんどの学校が私立。その分学費も高くなる。授業料はだいたい一年間で100万円ちょっと。入学費はだいたい40万円もする。

入学費の40万と授業料100数十万円×4を合わせると、だいたい500万円になってしまうのがわかる。

ちなみに僕が通っていた大学は授業料が125万円、入学費が40万円。合わせて4年間で540万円もかかった。



2.受験勉強の代わりに働ける

もし大学へ進学するのであれば、そのために命を削って受験勉強する必要がある。勉強は受験勉強だけではなく、大学へ進学した後にも続く。毎週何回も大学へ通い、授業を受けなければならない。

それが大学へ進学しなかった場合、高校3年間から他の者が大学へ通う4年間を合わせた実に7年間をアルバイトに費やすことができる。

仮に高校生の時から毎月2万円を貯金しておけば、少なく見積もっても7年後には140万円は溜まっていることになる。



3.塾や予備校へ通わなくて済む

多くの人は大学へ進学し、そのためにレベルの高い高校へ進学しようとする。しかし、初めから大学へ進学しないことにしていれば、その必要はない。

レベルの低い高校へ進学すればいいのであれば、わざわざ学習塾や予備校へ通ってもう勉強する必要もなくなり、それにかかるお金も必要なくなる。

では、学生たちがいくら塾や予備校にお金をかけているかだが、それはだいたい全部合わせて160万円になる。

下の図を見て欲しい。

184637 これは文部科学省の「平成26年度「子供の学習費調査」の結果について」という資料の一部だ。

ここには学生一人当たりが学習塾や予備校にどれだけお金をかけているかが載っているわけだが、該当する青い部分を少なく見積もっても小学校で50万円、中学校で70万円、高校で40万円、合わせて160万円もかかっていることがわかる。

高校進学まではどうにか自分で頑張って、レベルの低い高校へ進学し、大学へ進学しなければ、これらのお金を払わずに済む。



4.一人暮らししないで済む

大学へ進学しなければ、一人暮らしをしなくても良い。もちろん全ての学生が一人暮らしをするわけではないが、一人暮らしはなにしろお金がかかるので、無視するわけにはいかない。

仮に最安のアパートを毎月3万円で借りれたとする。それだけでも4年間で140万円かかる。ここに購入する家具や家電製品、光熱費に食費を足せば、4年間で200万円は超えるだろう。

一人暮らしをしないにしても、交通費がかかることを忘れてはいけない。大学へ進学しなければ、それらを払わずに済むのだ。



合わせると1000万円を超える

初めに説明した大学の費用が500万円。

アルバイトをしていれば貯金が140万円。

塾・予備校の費用が160万円。

一人暮らしにかかる費用が200万円。

これらをすべて足すと、少なく見積もってはいるが、ちょうど1000万円に達することがわかる。多くの学生がそれだけの「損」を払って大学へ進学しているのだ。



まとめ

これだけのお金を取り戻すのには相当な時間がかかるのはお分かりだろう。

仮に新卒社員の初任給、手取り16万円のうち、半分の8万円を毎月貯金したとしても、1000万円貯まるまでには10年間も必要とする。

もし仮にあなたがフリーターやパートタイマー、大卒資格を必要としない仕事、さらには起業といった道に進む場合、大学へは進学しない方がいい。

できるだけ早いうちにこの話を親にして、できるだけ早い決断をしてほしい。

これはあなたのタメでもあり、あなたの親のタメでもあるのだ。