お金を沢山消費する事が社会貢献に繋がる!エシカルな消費活動の勧め

お金を沢山使っても大丈夫!エシカルな消費活動を身につけて、生きているだけで社会貢献しよう!

金原です。

生きているだけで社会貢献できたらいいと思いませんか?

いい世の中というのは一人一人の倫理的な生き方から生まれるもの。だったら、一人一人が「エシカル」な消費活動を身につければ、世の中は自然に良いものへと変わっていくはずです。

先にエシカルという言葉について説明しておきますね。


エシカルとは

エシカルという言葉の意味は、ウィキペディアによると以下になります。

エシカル(ethical)とは、「倫理的」「道徳上」という意味の形容詞である。 近年は、英語圏を中心に倫理的活動を「エシカル(ethical)○○○○」と表現し、エシカル「倫理的=環境保全や社会貢献」という意味合いが強くなっている
by ウィキペディア
つまり、社会貢献や地球環境に配慮した行動を行うことが「エシカル」だということですね。

今回の記事では、そんな「エシカル消費」を身につけて、生きているだけで社会貢献ができるようになる考え方を身につけましょう。



お金を使うほど地球環境が悪化する

先に共有しておかなければならない前提というのがこれ。

基本的には、お金を使うほど地球環境に負荷がかかり、その為のお金を稼ぐ度に消費者たちがさらに地球環境に負荷をかける、というロジックがあります。

参考:働くな!?お金を稼ぎ消費するほど地球環境は悪化していく

地球環境はこうした「生産&消費」のスパイラルによってどんどん悪くなっていってしまっているのです。


多くの物質を消費するのは悪

記事のタイトルに「お金を沢山消費するのが社会貢献に繋がる」とありますが、お金を使って多くの物質を消費するのは「絶対悪」です。それはゴミや排気ガスを大量に出すだけでなく、稼ぎの少ない人たちが渦巻く市場を育てるエサを蒔くことにつながります。

なので、単に経済を循環させることが社会貢献だなんて思わないでください。そもそも経済がなくたって人間は生きていくことが可能ですから。お金は便利ですけど、その前に地球がダメになってしまったら元も子もないのですよ。



沢山のお金で少量の良い物を買う

じゃあどうすれば良いのかと言うと、それは「少量の良い物を買う」と言うこと。


良いものは社会的に効率が良い

量が少なければ出るゴミも排気ガスも少ないですし、低い賃金で忙しい思いをする人達も減ります。良いものは高いですから、その分生産量が少なくても済み、労働者側の負担も減っていくはずなんですよね。

ところが安かろう悪かろうでものを買っていくと、そう言うものは大抵「大量生産」してお金を集めていますから、労働者側は低賃金でも忙しい思いをしているんですよ。ゴミも大量に出るし。

だから、高いお金を払ってでも良いものを少しずつ買って、「良い市場」を育てて行かなければいけません。

スポーツカー3台持ちとか、暴走族とか、ああ言うのはもうダメ。だったら大っきなダイヤモンド一個とかにしましょう。それでも裏の社会のことを考えたら買いたくないですけど・・・。



良い市場に投資するという考え方

先ほど「良い市場を育てる」と言いました。これこそがエシカル消費の中身なんですけど、この「市場を育てる」と言う考え方を持つと、全ての消費が「投資」に変わるんです。


エシカル消費の本質は「投資」

誰でも心の奥底ではより良い世の中で生きて生きたいと思っているはずなんですよね。ですけど、それはお金で買えるものではありません。なぜなら、人類一人一人の行動がそれを作っているからです。

でも、より良い世の中を作っていくために投資することはできるはずです。あなたの消費活動(投資)が、その先の市場を育てたり守ったりして、最終的にはより良い物やサービス、世の中としてあなたの元へ還元されます。

・人の為になるものを買う
・人類の為になるものを買う
・地球の為になるのもを買う

こういった消費活動は全て投資として、あなたの望む世の中を作る大事な資源となるのです。



お金を稼ごう

投資をするには、やはりお金を稼ぐ必要があります。

お金がない人は、仕方なく安かろう悪かろうで消費活動をせざるを得なくなって、それで人類にも地球にも悪影響を与えているのに、そこからなかなか抜け出せないんですよね。

ですから、より良い世の中に投資をするためにも、まずはある程度のお金を稼ぎましょう。話はそれからです。はっきりと社会貢献だと言える仕事か、できるだけ地球環境に負荷をかけない方法でお金を稼ぐようにしましょう。


お金を綺麗にすると言うこと

あなたの元へやってくるお金はきっと大量のゴミや排気ガスを出してきたものですが、あなたの仕事と投資活動によって、だんだんと綺麗になって行きます。

その投資先がより良いものであるほど、その先の投資活動もより良いものとなり、世の中とお金はどんどん綺麗になって行きます。

ですから、先ほど紹介した記事では「お金を稼ぐな」なんてことを言っていますが、胸を張って稼ぎまくり、良いものに投資をしてください。



最後に

時代によってはお金を稼ぐことが悪だと思われていた時期もあるようですが、それこそエシカル・シンキングによって、どんな仕事なのかと言う「中身」を評価しないといけないと思います。

それと同じで、中身の良い生産活動、中身の良い消費活動を行うことができれば、自然に世の中はより良いものになっていくでしょう。

そこまでくれば、もはや働くこと自体が世の中に対する投資だとも捉えることができますね。投資と投資のスパイラル。その活動が人々に広がっていけば、貧困や過労によって苦しむ人も減っていくでしょう。

エシカル消費の本質、解っていただけましたか?僕もこのブログを通じて「投資&投資」のスパイラルを生み出せるように切磋琢磨していくので、よろしくお願いします。

ありがとうございました。バンカラ道をよろしく。