教育で国を変えるのなら「エシカル消費」を教える「エシカル教育」を

金原です。

社会が発展していくこと、そして、個人がより豊かに暮らしていくこと。その二つを同時に考えていくことが重要なわけですが、その時に私たちにできるのは、何か新しい事業を起こすか、よく考えて消費活動を行うこと。この二つです。

新しい事業を起こすのは一部の人間であるとして、「消費活動」であればほぼ全員が関わっているはずですよね。なら、国・世界・個人を発展させていくために必要なのは、個人が「質の高い」消費を行なっていくことのはず。

国民全体が質の高い消費を行うことによって、市場が動き、それに乗じて企業や政治が動くようになるのです。

そのためにも、教育でエシカル消費について教えるべきなんじゃないかと思い始めたので、今回の記事にまとめてみました。それではどうぞ。


(エシカル消費とは)

エシカル消費とは、倫理的配慮のある消費活動のこと。倫理的とはモラル(道徳)のあることを指し、エシカル消費は道徳的なお金の使い方だということが言えます。



消費が変われば市場が変わる

まず知っておかなければならないのは、市場というものが「受動的」であるということ。現代は様々な商品が選び放題であり、その中から消費者がどれを選ぶかによって、売り手がお店に並べる商品の種類や数が変化していきます。

つまり、世の中(市場)を変化させたければ、人々の消費行動を変化させればいいということ。

有機農法を国中で浸透させたければ、人々にオーガニックの食材を選ばせればいいだけです。そうすれば、生産者側は有機農法をせざるおえなくなり、お店に並ぶ食材はみんなオーガニックのものとなります。

国内自給率を高めたければ、人々が国内生産のものを買うようになればいいだけです。簡単ですね。

このように、消費→市場という変化の順番があるということ。



エシカル消費で市場を操作しよう

人々の消費行動で市場に変化を与えることができるというお話でした。なら、人々の消費行動がみな倫理的なものとなったとしたらどうでしょうか?

倫理的なものというのは、モラル(道徳)があるということでして、世の中や人々に配慮した消費行動ということになります。

もしそれが実現したとしたら、そこには「倫理的な市場」が発生することになりますよね。倫理的な市場ということは、そこにはモラルのある商品や道徳的なサービスが並んでいることになります。人々がそれらを選んでいるわけですからね。

だとしたら、世の中がどれだけ良くなることか。働く人々は社会貢献している実感を持つことができ、消費者は社会貢献している労働者たちを支援することができます。ゴミや排ガスはどんどん減り、森林や公園がどんどん増えていくのです。

深く考えなくとも、エシカル消費は人々に定着させるべきものだと言えるでしょう。



教育にエシカル消費のカリキュラムを

市場を変化させるためには消費を変える必要があると話しましたが、消費を変化させるためには「教育」を行う必要があります。

教育によって人々の成長過程は変化し、その後の活動の内容にも変化があるのです。

なので、これからの教育にはエシカル消費について教える「エシカル教育」が必要だと断言します。

教育の場ではもうすぐ(2018年から)道徳の授業が再スタートしますし、エシカル消費を身につけるには世の中のことを学ぶ必要があります。

ならば、世の中の様々な問題から道徳を学び、その結果をエシカル消費という具体的な活動に落とし込むことができるはずです。



最後に

道徳の授業では様々な問題を取り扱う、というところまでは情報があるので、後はエシカル消費に落とし込む一コマがあればいいだけですね。

これって、職業体験をするよりもずっと簡単ですし、まずはこれから実践させるべきなんじゃないでしょうか。その消費行動が実際に社会を良い方向へ持っていったのか議論させれば、もっといい勉強になるはずです。これぞエシカル教育。

まあ、答えを言えば、良いものをフェアトレードで少しづつ買いましょうということなんですが。

それでも教育として行なっておかないといつまでたっても日本の市場は健全化されていかないと思うので、絶対やるべき!モーレツに!

学校の先生など、教育に携わる人がこれを読んでくれたなら嬉しいです。

ありがとうございました。バンカラ道をよろしく。