「オシャレは足元から」の本当の意味。生活がダメな奴は豚に真珠

金原です。

最近とあるお婆さんと話していて、「この言葉」の意味を初めて知りました。

それは、「人の足元を見る」という言葉の「足元」という部分なのですが、そのお婆さんいわく、これは「生活態度」という意味なのだそうです。

僕はそれを聞いた瞬間にハッとしたのですが、これは「オシャレは足元から」という言葉の意味にも当てはまるのではないか?と思い、とりあえずインターネットでは何と定義付けされているのか調べてみることにしました。


そこで言われているのは、「オシャレは靴・パンツ選びからだ!」ということばかりで、ちゃんと理由を語っている人も見かけることができたのですが、僕の頭からは「なんかおかしいなー」という信号が消えません。

人の生活態度や性格は「靴」に良く現れます。

・時と場所に合った靴を履いてくるか?
・手入れはしっかりとしているか?
・脱ぐときは揃えて置いてくれるか?

そういうところに本人の人格が滲み出てしまうのです。

そういう理由から、昔から和洋関係なく、特に旅館やホテルなどでは人を見るときに靴を一つの物差しとしていたことが由来とされています。
↑これと同じ意味のことが書かれていましたね。


これって、正に「足元を見る」ということだと思うのですが、だからって、「じゃあ靴に気を使おう」ってのは、人前に出た時だけ上っ面を繕う「嘘つき」のやることだなと思うんですよ。

あるいは、自分の身の丈に合っていない服装を好む「豚に真珠」というやつです。


なんか、言葉の意味がズレて来ているなーと思ったので、今回は「オシャレは足元から」の本当の意味について、まとめていこうと思います。



「足元を見る」という言葉の意味

まずハッキリさせないといけないのは、「足元」がいったい何を定義しているのか?というところです。

これは先程も言いましたが、「生活態度」ということであります。


例えば、荒野の真ん中を車で走っている人が、ガソリンスタンドを見つけたとしましょう。

しかし、そこでは水もガソリンも「都会の倍」ぐらいの値段で売っていました。

「ここのやつ、客の足元見てるなー。」

…と、こんな風に、相手の状況を生活から見る、もっと言えば、相手の生命にか関わる条件から見る、なんてことをするのが、「足下を見る」ということな訳ですね。


ここで分かるのは、足下を見ると言っても、その人の履いている靴そのものではなく、「相手が普段どんな生活をしていて、今どんな状況下に置かれているか?」を見ているということです。

なので、旅館やホテルの様に靴自体を観察することもありますが、それはあくまで「言葉の由来」であり、実際には「相手のもっと奥深くを観察する」という意味を持っているんですね。


ただ、「生活態度が一番出やすいのが靴だ」というのも嘘ではなく、ここに「オシャレは足元から」の本当の意味を導き出すためのカギがあると思います。



「オシャレは足元から」の本当の意味

ここまで書いたことを踏まえると、確かにこの言葉は「足元」という単語を使っていますが、それは「単に靴やパンツのことを指しているのではない」ということが分かりますね。

そこには、まず生活(性格)があり、それが最終的には靴に表れる、という流れがあるのです。

その上で「オシャレは足元からですよ」と言うのであれば、それは「靴にあなたの情報が出てきますから、生活態度を見直しましょうね」という意味になると思います。


そもそも、オシャレは服装だけじゃないですからね。

どれだけ綺麗な靴を履いていこうと、高級レストランに行き、そこで食べ方が汚かったら、その人の生活態度や性格を疑ってしまいます。

それがオシャレと思うか?と聞かれたら違いますし、「豚に真珠」だとすら思ってしまいますね。


なので、本当にオシャレな人になりたかったら、普段から自分の生活態度を整えていかなければいけませんし、人前だけよく見せようとしてむしろ性格を疑われるなんてことがない様に、性格も正していった方がいいのです。



コスプレとオシャレの違いは情報量

人の性格は生活態度に現れますし、生活態度は服装に現れます。

なら、「オシャレは足元から」と言っても、やるべきなのは「内面を磨くこと」なのかもしれません。

そういう意味では、「オシャレのために生活態度を見直す」ということですら、「人前だけ上っ面を繕う嘘つき」的な側面を持っているとも言えます。


ただ、性格というのは日々の行いや経験の中で成長していくものなので、その経験値を得るためにも、日々の生活、衣食住というものを真剣にこなしていくことが重要になってくるでしょう。

もっと言えば、生活を左右する収入源(仕事)とか、そのための勉強とか、もう生活や人生の全てがその人の服装を左右することになる訳ですから、「足元から」という言葉に含まれる情報量は非常に多いですね。


その「情報量」ということで言えば、「人は見かけによらない」という言葉を思い出します。

仮に「ジーパンTシャツ」みたいなシンプルな格好でも、そのファッションにたどり着いた経緯や、その人なりの哲学、心などを理解していく内に、その人の魅力や個性がどんどん出てくる訳ですから。


コスプレだって身を飾る行為なのに、それとオシャレの何が違うか?って言ったら、そういう「物事の背景」が詰まっているか?の違いなんでしょうね。



まとめ:あなたは嘘つきですか?

周りの人が自分の「足下を見る」から「オシャレは足元から」なのだとしたら、そういう言葉の解釈をした人の性格が出てきているのが分かります。


「こう見られたくない」
「こう思われたくない」

そういう感情を持つのは別に普通のことです。

ただ、そこで普段はだらしない生活をして、その事実を人前では偽ろうとするのか?それとも普段から生活態度や性格を見直そうと精進しているのか?では、「人間性に雲泥の差」が出てきますね。

要は、オシャレをしている人が、その人の性格が滲み出た結果としてその格好をしているのか、それとも嘘つきでその格好をしているのか、の違いだということです。


人がそのどちらを好むのか?

たったこれだけのことを考える頭脳や愛情。

それぐらいは持っている人間でありたいですよね。


レベルの高い人間ほどそういうところを見抜いてきますから、より上の人に気に入られたい人は、嘘の無いまともな人間でいましょう。(だからと言って、頭の悪い人をオシャレで騙していい訳では無いです。)


それでは、今回はここまで。

ありがとうございました。