女性が将来の進路を選択する時期はどんどん早くなって行くと思う

金原です。

一生子供を作らないで、若い時は親と一緒に暮らす。そうすればパートやアルバイトでもそこそこの生活ができてしまうのが現代です。

ただ、大学を卒業、就職した人たちが途中からパート・アルバイトになる場合って、お金のことで大損することが多いと思うんですよ。

女性は特に、途中からパート・アルバイトに移る人が大勢いて、そこで僕みたいに大損こいてる人がいっぱいいるんじゃないかって思います。



正社員の道を進むとバカ高い養育費が発生する

まず、大学を卒業するまでにかかる養育費ってものすごく高いんですよ。まあ、それは正社員になって働けば簡単に返していけるレベルの額なんですけど。

それでも学費や養育費について元を取る前に結婚したり心身を壊したりでパート・アルバイトに移る女性たちは絶対に大損こいてます。

だって1000万ですよ?大学の学費500万をローンで支払い終わるのが40代だって言うのに、塾へ通ったり私立の中高学校へ通ったりしていた人たちはいつ元がとれるようになるんでしょうね。

データを見ると、30代あたりから女性のパート・アルバイトの人口は一気に増えます。契約社員などで働いている人たちも同時に増えているところを見ると、パート・アルバイトになった人たちは元々正社員だったと言うことがわかりますね。

と言うことは、その人たちは「大卒」ですよ「大卒」。つまり、だいたい養育費に800万〜1000万、あるいはそれ以上かかっているってことですよ。



早いうちに正社員になるかどうかを決めろ

この1000万ってなんのためのお金なんでしょうかね?苦労するためですか?浪費するためですか?借金するためですか?正社員やめちゃったら大卒の意味ないじゃないですか。

もうね、結婚してようが心身を壊してようが、大卒がパート・アルバイトになった時点で、僕と同じように進路選択を誤っているんですよ。間違っていないとすれば、夢があってその仕事に就いた時ぐらいでしょうね。

そんな間違いを減らすためにも、これから先は女性達が進路選択を行うタイミングをできるだけ早くしていかなければなりません。と言うか、そうなっていくと思います。

こちらの記事『一生パート・アルバイトで生きるなら高校卒業までに決断しろ』でも書きましたけど、できれば中学生ぐらいの時から決断しておかないと、塾やら学費やらで沢山お金を持っていかれます。

ですから、子供達が義務教育を終える前に、将来正社員になることを目指すかどうか決められるようにする必要があるのです。



世の中の事実を知る学生が増える

ここ20年間くらい、パート・アルバイトの人口は増え続けています。そして非正規労働が全体の40%を占めていると言うこと。また、非正規労働でも生きていけると言うこと。

最近どんどんと情報網が発達してきているので、まずは学生達がそれらの事実を知るようになるでしょう。

次に、大卒がパート・アルバイトになると親子共に大損こくと言うこと。それについて考えられるようになる学生が増えたり、それを子供に教える親が増えたりするはずです。

「私みたいに会社辞めちゃうぐらいなら、初めから非正規で働いていた方が儲かるわよ。」

こう言うだけで学生は理解できるでしょう。もしかしたら、学校でこう言う話も教えるようになるかもしれません。



親たちの考え方が変わってくる

母親が「大卒・パート・アルバイト」を経験している以上、娘が生まれたら、その娘には同じ失敗をしてほしくはないでしょう。でないと自分が払っている塾の費用や学費が無駄になってしまいますからね。

「お願いだからあなたは塾へ行かないで。大学にも行こうなんて考えないで。」

パート・アルバイトの人口がどんどん増えていると言うことは、上の様なことを言う親も増えるんじゃないでしょうか。

結果、その子供は大学へ進学せず、塾へも通わなくなる可能性が高まります。そうじゃない場合、親に反発して猛勉強するでしょうね。どっちにしたっていい結果じゃないですか!



お金に困った一部の女性が正社員になれればいい

そうだ。現代は女性が正社員として働く場を増やそうとする動きがありますけど、あれ、辞めた方がいいですよ。別にパート・アルバイトでいいじゃないですか。お金欲しくてたまらない一部の女性だけが定年まで正社員でいればいいわけで。

中途半端に正社員として働いてしまったせいでむしろ借金残している人が大勢いるわけですから、女性には子供を丈夫に産み育ててもらえばいいですよ。特に、本人に健康でいてもらわないといけません。

これぞ「男女両尊」ですよ。

いい言葉ですね。そもそも特性も社会的役目も違うんですから。活躍する人には活躍してもらって、それ以外の人たちにも合理的で楽な進路選択をしてもらうってだけです。

ウチの母親も当時非正規労働者だったなら、僕が大学辞めたいって言った時に反対しなかったんだろうなー。いや、僕は男か・・・。

ありがとうございました。バンカラ道をよろしく。