大企業は大卒を雇うより月謝もらって高卒に自社教育を行ってはどうか

文系大学要らない派の金原昌史です。

ゆとり世代以降、人々は給料の多さよりも「休みの多さ」を求める様になりました。そして、企業がいちいち大学で教育を受けた者を雇うということは、そこにかかる養育費を企業が間接的に負担していることになります。

このことから、企業が給料よりも休日を優先するには、これまでよりもさらに経営コストを減らしていく必要があるのです。そこで重要となるのが「高等教育」(大学や専門学校)の改革となります。

大学で教育を受けるよりも塾に通った方が圧倒的に安く済むのなら、大企業は月謝をとって高卒に自社教育を行うべきです。その方が安く済むだけでなく、求める人材を育てられる上、学生に大卒よりもマシなブランドが身につきます。

高卒に月謝を取りながら自社教育を行うことで、コストを削減するどころか利益を増加させることができるんです。そうして浮いたお金で休日を増やし、新たな社員を継続的に獲得していきましょう。



大学教育より塾の方が圧倒的に安いし効果的

そもそも大学の授業料って意味がわからないぐらい高いんですよね。一コマ3000円以上するんですよ?役に立つのかよく分からない授業を時間まで払って我慢して受けているのに、一時間あたり2000円以上もしているなんて考えたくもありません。

それに比べて塾はというと、一時間あたりの料金はあまり変わらないのですが、「これは役に立つ」とはっきり分かったものを集中して学ぶことができるんです。その分時間を短くすることができますし、結果的には大学よりもかなり安くなります。

それを良いことに、大企業が大学の代わりになる教育産業を初めてくれればどれだけ良いことか。大学で役に立つか分からないことにダラダラとお金をかけるより、大企業の傘下である教育機関で役に立つことへお金をかけた方が安く済むはずです。

大学は「人生のバカンス期間」とかいう価値観を持っている人もいる様ですが、それを大企業が塾の様な形で教育を行った方がもっとバカンスになりますよ。まあ、そこでやるのは勉強なんですが。



自社教育の方が求める人材を育てられる

気になるんですけど、企業側の人間って大学教育の内容に満足しているんでしょうかね?会社や現場によって求められる能力は変わってくるはずですから、これが満足に変わることは決してないと思います。

なら、もう初めから自社教育を始めちゃえばいいんですよ。思いっきりコストかけて。大学という時間で学生にダラダラとした期間を与えたいですか?雇う側としてはあまり望ましくないと思います。

だから、大卒を雇うのではなく、高卒にひとまず自社教育を施すこと。これがこれから重要になってくるんじゃないでしょうか。そうすればわざわざインターンを行う必要も無くなってきます。

求める人材がなかなか手に入らないのなら、自分たちで育ててしまえば良いんです。月謝をとって教育を行えば、学生と企業がwin-winの関係を築きながら前進していけるでしょう。



大学よりも大企業で研修を受けた方がブランドになる

もうどこの大学を卒業したかなんてあまり当てにならない気がします。様々な人がいるわけですから、色んな角度から人間を評価しないと求める人材を集めるのは難しんです。

というのも、それが「大学を卒業してきた学生」だから。どの道を通ってこようが、そこでダラダラしていたのかキビキビしていたのか探るのは大変です。ですが、それが塾の様な「皆が集中して勉強できる場所」であった場合は別。

お金と時間をかけて「やるべきことをやってきた」ことが明確なのですから、あとは人間性と能力をそのまま評価してやれば良いだけなので、だいぶ篩(ふるい)にかけるのが簡単になります。

というのはつまり、大企業傘下の塾による教育が、大卒よりも高いブランド力を持っているということ。これなら生徒もすぐにたくさん集まってくるはずです。安くて早くて旨味のある教育なんですからね。



最後に

学校と塾の関係を、「学生と企業」という関係に置き換えてみれば話は簡単です。

これまでは役に立つか分からないことを学校でダラダラやった後に、もう一度企業の元でやるべきことを集中して勉強していました。それをこれからは学生と企業が同じ場所に集まって、初めから役に立つことを学ぶ様にすれば良いということ。

学生の学校という足枷が溶けて自由に動ける様になるのは高卒からです。そこから企業が学生側に近づいて、教育を施してあげる。これが本来在るべき形だと思います。

だって、優秀な社員が欲しいんですから。だったら、それを育てようと企業側が動くべきです。

大学の文系教育なんてものは、「学問」を延長・拡大した単なる贅沢にすぎません。別に勉強しようと思えば自分で勉強できるわけですから、わざわざお金を払って受ける様なものではないのです。

それよりも、本来やるべきことを集中して本格的に行うこと。それが企業側の提供できる最強のコンテンツだと思います。高卒以上はもう社会人という認識を持たせれば、今まで以上に能力のある人材が育つはずです。

ありがとうございました。バンカラ道をよろしく。