飲食店の無料貸しキーボード付き席でiPadを使ってもらう作戦

金原です。

僕はマックブックエアーが好きなんですが、ブログを書くには大きすぎるし、いちいち電源を入れて立ち上がるのを待つのが面倒なんですよね。

そこで、iPadを持ち歩きたいわけです。


しかし、今度はキーボードが小さい。

キーボードを別で購入して持ち歩くのも大きすぎる。


ならば。

席にキーボードあったら良くね?

もちろん消毒は必要だけれども。

自分で拭いて、線刺して、僅かな電力消費で使って、最後も綺麗に拭いて、さようなら。


これで、iPadで済むーーー!

絵も描けるーーーー!

ロゴマークも作れるーーー!

テレビ会議もできるーーー!

やばくねーーーーーー!!!


で、お値段「4万円台」。

iPadの方がアップルも儲かる

半導体がたりてないらしいんだよねー。

優先確保のためにいくらかかってるんだか。


つーか、マックブックのバッテリーにどれだけのリチウムを使っているのか分からない。

なのに、カメラの性能低っ!!


それに比べて、iPadのデザインはメジャーアップデートをしていないから、コストもかなり低いはず。

じゃあ、儲かる方を売ってあげよう。

お客さんが喜ぶ状態を作ってあげよう。

最後に:iPadはシムが使える!

最近の格安SIMは、使った分だけ料金が発生する仕組みのものが多いです。

なら、iPadで仕事するぐらい、なんともないですよね。

そんな時に、狭い家に家族と住んでいる人が、出先で作業ができたなら。


あとは、お使いをして帰るであろう状況をいかに作るか?にかかっています。