社会人とは何か?年齢や就職は関係なく生まれた時から社会人だ

ニュース番組などで、就職を控えた学生へのインタビューを見ていると、こんなことを言う人が良くいます。

「明日から社会人なので…」

(じゃあ、あんたは今日まで社会人じゃ無いのかよ?)と僕は突っ込みたくなるのですが、そもそもこの「社会人」という言葉に対する認識には、人によってばらつきがあるようです。

ただ、それだと言葉としてあまり機能しないと思いますし、何より社会の一員としての認識を持たない人、つまりモラルの低い若者が増えてしまうと思います。

なので、今回この記事で社会人の定義ってなんなのか?をはっきりさせてしまいましょう。



金原(@relaxziizi)です。

全人類に「社会人じゃない人、手あげて!」と言ったら、どれぐらいの人が手をあげるのでしょうか?発展途上国で働いている子供たちは、手をあげるんでしょうかね?

お金を稼ぐなら学生にもできることですし、家計を支えるという意味では家事手伝いでもいいと思います。

親から自立したって社会のシステムからは自立しない訳ですし、「家族」ってそもそも社会システムの一つですよね。

じゃあさ、社会人ってなんなの?

もう、はっきりしないこと大嫌いな人集まれー!

ということで、まずは言葉自体の意味から見ていきましょう。



「社会人」という言葉の意味

社会人の意味を調べると、以下のように出てきました。

① 学校や家庭などの保護から自立して、実社会で生活する人。
② プロや学生ではなく、企業に籍を置いていること。
③ 社会を構成している一人の人間。
(by weblio辞書)
①の前半部分は分かりますが、「実社会」って、家族や学校は社会じゃないってことですかね?

②の「学生ではなく」と定義したくなる気持ちは分かりますけど、大人になってから大学に通うことだってできますからね。それに、プロじゃダメなの?フリーランスは社会人じゃない訳??それって「会社員」なんじゃ???

③の意味はすんなり理解できますね。「社会人」という字の意味そのままって感じです。

③だけだったらいいのに、①と②が邪魔してまとめるのが難しくなってます。なので、一つの策として、言葉を分解して考えてみようかと。

そもそも「社会」ってなんなのか?

まずここをはっきりさせましょう。そうすれば考えなければならないことが一気に減るはずです。


そもそも「社会」って何なんだ?

社会の意味は、グーグル検索によると以下。

①(人間が)集まって生活を営む、その集団。
②同類のなかま。
③世の中。世間。
要するに、「人の集まり」のことですね。

一人じゃ社会とは呼べない訳ですよ。どんな枠組みかはその時によって違うでしょうけど、集団の中に属している以上は「社会の中に居る」と言えます。

ここには差別的な分け方をする意味は特にありません。その部分から、次のことが判明してきます。


社会を構成するのは大人だけじゃない

社会っていうのは単に人の集まりのことを言うのですから、そこには当然「子供」も含まれます。

weblio辞書で出てきた①の意味だと、「自立」と言うキーワードが中心になっているように思うのですが、自立が一体どの部分におけるものなのか?までは定義づけされていません。
そもそも人は、依存し合って生きています。

親は子供に衣食住を与えますが、子供は親に幸せや教訓を与えます。労働者は会社に労働力を提供しますが、会社は労働者に給料ややりがいを与えます。

こうやって、人間同士の関わり合いの中で、自由貿易みたいなことが常に行われている訳です。

そういう意味では、大人も子供もみんな社会に参加している一員(③の意味)なんじゃないでしょうか。

①や②みたいに「親から自立して会社勤めしてお金稼いでる人」みたいな認識は、社会人という言葉に含まれている一部のイメージであって、社会人という言葉の意味そのものではないのだと思いますね。


社会人への認識がお金に偏りすぎ

まあ、確かに、「親に依存しないで家庭を築いていけるぐらいの収入を得ている人」を社会人と呼びたくなるのもわかります。そういう人がたくさん居ないと社会が成り立ちませんからね。

それでも、それって結局社会を構成する「一要素」に過ぎないんじゃないでしょうか?

人口が増え過ぎた今の社会にとっては、自ら家庭を築かない選択をする人も一定数必要だと思います。給料少なくてもNPOやNGOで働く人も必要だと思いますし。

多分これは、今の社会が「お金」あってなんぼのものだからだと思います。

お金がないと衣食住が揃わず、生きていけなくなる。そんな大事なものだからお金が物事の先頭に来て、それを中心に考えてしまう訳です。

それが今の世間一般的なイメージに当てはまって、「お金を稼ぐ=会社に勤める=親から自立する」みたいな認識に偏っている訳ですね。

①と②の意味は「自立」と「お金」の要素が強い訳ことが分かった訳ですが、ここから一つの矛盾が発生します。



大人達も色んな物事から自立できていない

自立と言っても、一体どこまで自立すれば社会人なんでしょうか?weblio辞書にあったように、学校と親などの保護から自立したら社会人?
仮に親の保護から自立しているのだとしたら、実家暮らしの大人は社会人じゃないということになります。

これっておかしいですよね。

なので、ここでもまた「自立」の意味を調べてみようと思います。


「自立」の意味

これまたグーグルによると以下。

自分以外のものの助けなしで、または支配を受けずに、自分の力で物事をやって行くこと。
「助けなし」って完全に言っちゃってますから、親もお金もみんな手放して、自分でやっていくってことになります。

え、自給自足?それとも物々交換でもして「わらしべ長者」になれと?

やっぱりこれはおかしいです。もうこの部分については完全に世間のイメージによる偏りであって、「社会人」という言葉の意味としては間違っています。

つまり、人は決して自立なんてしていない訳です。


「完全に自立してる人」なんていない

日本はアメリカの軍事力に依存している部分がありますが、アメリカは日本に軍備を配置することができているおかげで国交上有利な位置を取ることができています。これも同じことです。

さっきも言いましたが、人は与え合っています。そしてそれは、言い換えれば依存し合っているということ。

「社会」という言葉の意味は単なる「人の集まり」でしたが、蓋を開ければ、人々は与え合い、その関係性に依存している訳です。そのために集まり、繋がりを保っている訳ですね。

なので、完全に自立している人なんていないんですよ。


そもそも社会から自立してしまうと社会人ではなくなる

これはそもそも論ですが、仮にどこまでも自立していこうとすると、最後にはこの社会や地球を手放すことになります。

それってもはや「社会人」ではなくなるんですよね。

社会人でいたかったら、ちゃんと社会に依存して、その繋がりの中で生きていかないといけない訳です。

ここから分かるのは、子供は社会人じゃないのか?と言うと、そうでもないということ。

やっと結論が見えてきました。そろそろまとめようと思います。



結論:生まれた時からみんな社会人

ここまで判明したことを箇条書きにします。

・大人も子供も社会の一部
・みんな依存し合って生きている
・世間のイメージで言葉の意味が偏っている

大きく分けるとこうなる訳ですが、言い換えるとこう言うことです。

・社会人に年齢は関係ない
・社会に関わりがあれば社会人
・会社員のイメージは言葉の意味ではない

ここから分かるのは、例え生まれたばかりの赤ん坊でも、社会に参加しているのであれば、社会人だということでしょう。それも次の事例を見ればわかります。


ロッカーに捨てられた赤ちゃんの死体

良くありますよね。胸が痛むこんな事件。

で、この不運な赤ん坊は社会に参加していないのか?といえば、それは違います。

乳児は将来の日本を支える大事な人口の一部です。表現は硬いですが、これだけでも社会人だという事が言えます。親に幸福を与える存在として見ても社会人だと言えるでしょう。

しかも、こういった事件は社会を少しづつ動かします。警察が動員されたり、再発防止対策がなされたり、親が捕まったり。

以前、電通という企業に勤めていたとある女性が、働き過ぎによって自殺し、それが社会を動かしたのも同じような仕組みです。

要は、なんども言うように皆関わりあって生きていて、そこに参加してるなら社会人なのだと言う事。


時代によって社会人という言葉のイメージは変わる

まあ、解説として話すのなら、言葉の意味は変わらないけども、言葉に対するイメージは時代と共に変わるという事じゃないでしょうか。

これからもっとフリーランスやフリーターの人が増えたとしたら、それを含めたイメージが「社会人」という言葉の中に込められるようになります。

そうなった時には、「学生の内に実家のパソコン一台で起業してしまった人」とかもそのイメージに含まれるんでしょうね。

でも、それはあくまで、イメージの話。

言葉の意味自体は、やはりweblio辞書の③に当たる、「社会を構成している一人の人間」が妥当です。

あえて言うなら「反社会派」の人は社会人じゃないのかも

人は関わり合っている、依存し合っていると言いましたが、その中で人を騙したり、最悪殺したりしている人というのは、場合にもよりますが社会人じゃないと呼んでもいいかもしれません。

価値と価値の自由貿易が成り立っていませんからね。ヤクザ屋さんとか典型です。

ですが、それも結局はイメージの話。

言葉の意味としては、「社会を構成している一人の人間」、やっぱこれですねー。

学生は「来月から社会人かぁー」とか思っている訳ですけど、就職する前なら反社会的でいていいのか?と言えば全然違います。

ここに「社会人の意味」がはっきりした以上は、全ての人にできるだけ早く社会人としての自覚を持ってもらいたいものです。

武士なんて、8歳からもう大人扱いされていたみたいですけど、そうやって「社会人扱い」してあげることが重要だったりするのかもしれませんね。

ありがとうございました。バンカラ道をよろしく。