間違いだらけ!?本当のミニマリストはあまり断捨離しない

どうも、金原です。

最近流行っていた「ミニマリズム」について。

例として紹介されている人たちの姿を見ると、物や人脈をひたすら減らそうとする人たちがいるわけなんですが、ちょっとそれって違うんじゃないかって思うようになりました。

断捨離を行うこととミニマリストであることって関係がないんじゃないでしょうか?


「ミニマリスト」の意味

ミニマリストという言葉の意味をネットで調べると、

最小限度の要求を掲げる社会主義者の一派をいう。
(by コトバンク)
と出てきました。

「最小限度の要求」を掲げるという事は、ミニマリストとして変化する場合においても最小限の変化を求めたり、変化に対してかかる時間を最小限に求めたりするわけですよね?



ミニマリストは初めからその姿だったわけではない

ミニマリストやってる人たちって、生まれた時から「持たざる者」だったわけじゃないと思うんですよ。

絶対どこかでミニマリストに目覚めた瞬間ってのがあって、そこから鬼のような断捨離をし、結果だどりついたのがあの姿なわけで。

それって、ちょっと待ってください。どうして最小限度の要求しかしない人たちが、鬼のような断捨離をするんでしょうか?それってめちゃくちゃ強く望んでますよね、変化を。

ここには大きな矛盾があります。見つけてしまいました。



本当のミニマリストは最小限の行動しかしない

彼らが本当にミニマリストなら、ミニマリストに目覚めた時点で「断捨離」という行動を徹底するより、少ない変化を許容することを選択するはずです。

だってミニマリストは最小限の要求しかしないわけですから。


「あまり要求をしない」と言っている人が「物をうんと減らしたいんだ!」とか「人脈を指の数まで減らしたいんだ!」なんて熱く言い始めたりしませんよね。

本当のミニマリストであれば、「断捨離か・・・。最低限でいいよ。」とか「お母さん、母乳はちょこっとでいいでちゅよ。」とか言うはずです。

物を少なくすることを望むのがミニマリストなのではなく、自分の要求に対して最小限の変化しか求めないのが本当のミニマリストです。



断捨離ストとミニマリストのちがい

巷で言われているミニマリストの人たちは、実は「持たざる者」に憧れて激しい断捨離をし始めるという、強い要求と行動力を持った、ミニマリストとは真逆の性格を持った人たちのことでした。

では、彼らをなんと呼べばいいかというと、言葉が存在しないので「断捨離スト」とでも読んでおけばいいでしょう。

・最小限のことしか求めない人→ミニマリスト
・持たざる者になろうとする人→断捨離スト

これでいいと思います。



まとめ

ミニマリストというのは環境志向なところがあっていいと思うのですが、持たざる者に憧れて物を捨てまくったりコンパクトなものを新たに買ったりしている人たちは、そういう意味ではダメですね。全然環境に配慮してません。

効率を求めるために断捨離するのはいいことなのですが、言葉の意味をこうも人々が間違って認識しているとなると、ちょっとゾッとします。

まあ、ミニマリストならあまり干渉しようとしないのでしょうが。

それでは、ありがとうございました。


バンカラ道(ばんからどう)をよろしく。