質の高い学生生活を送りたければ部活と塾に通わないことから始めよう

もし、部活にも塾にも通わなくて済んだなら、どれだけいいことか。学校が終わりさえすれば、後は寝るまで自分の好きなことをやっていられるなんて。

実は今の時代、そっちの方が、将来有利になります。

部活と塾は、学生に娯楽を与えたり、勉強のサポートをしてくれたりしますが、その反面、学生が成長するための時間を大量に奪い、長時間のブラック労働が当たり前の様に感じる刷り込みを行う場だとも言えます。

あなたが自立した幅の広い成長を好むか?それとも何かに依存した幅の狭い成長を好むか?にもよるのですが、未来のことを考えると、もはや学校や塾に依存したキャリア形成は時代遅れです。

・自由に好きなことをやりたい
・幅広い成長の機会を得たい
・時代に合った生き方をしたい
・最先端の人間でいたい

こういう願望が少しでもあるのなら、まずは部活と塾に通わないところから始めて、「成長するための時間」を確保しましょう。それが全ての始まりとなります。



金原(@relaxziizi)です。

僕は小学校から高校卒業まで、ずーっとスポーツばっかりやってきたのですが、そのせいで成長の機会をだいぶ逃してきました。特に「知的成長」には大きな遅れが出て、世間のことを知らなかったり、自分の将来のことを考える機会がなかったりしました。

人間、活動の中から学ぶことも多いですけど、今は原始時代じゃないんです。もう先人たちや頭のいい人たちが色々な失敗を繰り返して、そこから学んだことを知識として体系化してくれています。

だから、僕と同じように何もない状態から手探りで成長していこうとするより、初めからどうすれば効率がいいのか学んでしまった方が早いんですよ。

それでも、部活や塾に追われて時間に余裕を持てなければ、「学校以外の勉強」をすることはできません。自分の未来についても社会の未来についても分からないまま、どんどん人生は後手に回ってしまうでしょう。

つまり、時間に余裕がない者に成長は無いのです。

ということで、今回は「部活と塾に通わない方が人生うまくいく」ということについて書いていこうと思います。

この記事を読むことで、質の高い学生生活の送り方が理解できたり、これからの時代に合った生き方が見えてくるよになったりするので、しっかり目を通しておいてください。

それではいきます。



何より重要なのは時間に余裕を持つこと

あなたは将来どんな風に生きていきたいですか?

こう聞かれて、中学生ぐらいから明確に答えられる人はほとんどいないと思います。

それもそのはずです。なぜなら、多くの学生が「自分の将来に投資するための時間」を持ち合わせていないのですから。


人は時間に余裕が無いと成長できない

将来のことを思い描くには、自分の将来と関係のあることをある程度知っておく必要があります。パーツがなければ組み立てられるものも何も無いのと同じことです。

先進国の子供がウルトラマンのことしか知らなければ、「僕は将来ウルトラマンになりたい」と言うでしょう。貧しい国の子供が医者のことしか知らなければ、「私は将来お医者さんになりたい」と言うでしょう。

このように、人は既に知っていることを元に、考えたり想像したりします。

だから、将来のことを思い描くためには、「人生と関係のあること全般」を学ばなければならないのは当然のことなのです。

人生といえば、本当に色々な知識が関わってきます。人にもよりますが、健康、料理、住宅、子育て、仕事、ビジネス、お金、投資、ファッション、恋愛など、こんな抽象的なキーワードでも10個は超えてしまいます。

ですが、多くの学生は部活や塾や宿題など、様々なことに時間を奪われて、自分の人生と関係のあることを学ぶ時間がありません。学ぶきっかけさえも与えられていないでしょう。

これは逆に言えば、人は時間に余裕がなければ大切なことを学ぶことができない、ということでもあります。

「学ぶことができない」ということは、それだけ大切なことでも全部自分で悟っていくしかない、ということになるのですが、どうやって人生に関係のあることを悟っていけばいいと言うのでしょうか?


忙しい人は技能が身に付くが学びや成長は無い

僕は高校時代、本気で全国レベルの選手になることを目指してラグビーをしていました。ですが、ラグビー歴11年をもってしても、僕が悟れたのは以下の二つだけです。

・人は正しい知識を持っていないと間違いを犯す
・物事にはロジックツリーの構造が存在する

こんなことは、自己啓発本を何冊か読んでいれば、自分に起こる変化から簡単に気づくことが可能です。あるいは、知識として載っているかもしれません。

それだけ悟りを開くというのは効率が悪い作業なんです。

塾にもこれと同じことが言えます。あそこは学校でやっている教科の補講はしてくれますが、学びや物事の本質については教えてくれません。

つまり、学びと成長は実質全て学生任せなんです。

これでは原始時代に逆戻り。全て自分で失敗と検証を繰り返し成長していくという、エジソンやブッタと同じレベルのことが求められます。

これで何が言いたいかというと、部活や塾通いでどれだけ忙しくしていても、学びや成長は無いということです。

そこで学びと成長を得られる人は、別に他のことを頑張っても成長できます。いわゆる「PDCAサイクル」という思考が身に付いているからです。だったら好きな事をやっていればいいですよね?

どちらにしても、大切なのは人生において必要となる「本質的な」学びや成長を得ることです。


ガテン系でブラック労働がしたければどうぞ

学校に部活に学習塾。そんな社畜みたいな忙しい生活をしていて、一体どんな能力が身につくでしょうか?

・勉強
・運動
・ブラック労働

この3つの技能が人生においてどれだけ役に立つのか考えてみてください。勉強は別に自分の好きなことをやっていれば身につくスキルですし、運動は肉体労働や格闘でしか役に立ちません。ブラック労働は単純にやめといた方がいいです。

これだけ考えても、一般的な学生達の生活は既に今の時代と合っていないことが分かると思います。今の時代は好きなことを一生懸命やって、そこから人生を切り開いていくのが普通になって来ているんですから。

それが、結果として「ガテン系のブラック労働」なら、僕は別に止めたりしません。ですが、それに当てはまらないというのであれば、学生生活を見直した方がいいです。



学生生活を見直すためにできる6つのこと

ということで、「このままだとヤバイな」と思った人は学生生活の送り方を見直してみましょう。ここにできることをまとめておきますので、参考にしてみてください。

・将来結婚するかどうか決める
・部活を辞める
・学習塾を辞める
・学校以外の勉強をする
・ビジネスを始める
・大学へは進学しない


将来結婚するかどうか決める

まず、将来結婚するかどうかで、人が選ぶべき選択肢は大きく変わって来ます。なので、ここをどうするのか先に決めておきましょう。

結婚する場合は、はっきり言って正社員就職をした方が確実な人生を送れます。収入はある程度安定してますし、ローンも組めますから。この場合は「大学へ進学→就職」というパターンが一般的なので、受験戦争に打ち勝つためにも塾に通うことが求められるでしょう。

結婚しない場合は、別に正社員になる必要がないので、大学にも進学しなくていいことになります。受験のための塾にも通わなくていいことになりますし、部活なんてただの趣味になってしまいます。

こういう違いが出て来るから先に決めておくのです。

ですが、実際は自分の将来のことなんてあまり分からないですよね。その時に子供が欲しいかどうかなんて特に。

だから、前述のように、自分の人生と関わりのあることを学ぶ時間が必要なのです。

なので、次は時間を作る作業に入ります。


部活を辞める

将来のために部活をやっている人も一定数いますが、中途半端な成績じゃほとんど評価されないのが実際のところ。なら、本気で好きなわけでもない限り、部活動は辞めてしまった方がいいです。

部活を辞めてしまえば、最低でも毎週5日間、毎日2時間以上、自由な時間が生まれますよね?その時間を使って将来のこと、初めは特に「結婚」というキーワード周辺のことを学びましょう。

結婚周辺のキーワードには、恋愛、収入、子育て、住宅、ローンなどがあるので、そこら辺を調べてみるといいです。それから結婚するかどうかを決めても遅くは無い、というか、そうじゃないと判断を誤ります。

ここまで来ると、学校の授業以外にも学ばなければならないことが結構多いことがわかり始めたと思います。もしかしたら、部活を辞めただけでは時間が足らないかもしれません。


学習塾を辞める

学習塾に通うと、そこでも宿題を出されたり、夜遅くまで勉強する羽目になったりしますよね。ですが、そこから得られる学びはほとんど無い、ということは既に話しました。

変に聞こえますが、これではやっぱり勉強する暇があまりありません。

なので、塾もやめてしまった方がいいです。

代わりに、塾に払っていた月謝を利用して本やタブレットを買ってもらいましょう。毎月1万円でも出してもらえれば、世の中のことや未来のことを学び放題です。

ちなみに、この時点で結婚・大学へ進学することを決定し、なおかつ自分で勉強する自信がない人は、塾には通った方がいいと思います。塾の先生教えるの上手いですから。


学校以外の勉強をする

ほんと、人によって条件が違うので「絶対にこれが正解!」と言うことはできないのですが、とにかく部活や塾を辞めることができれば、時間が余り、自分の人生に関わることを学ぶ準備が整うのは事実です。

健康、料理、住宅、子育て、仕事、ビジネス、お金、投資、ファッション、恋愛、未来、社会問題。

興味があることからでもいいので、自分の人生が一体どうやって成り立っていくのか?その構想を組み立てるパーツを拾い集めてみてください。

おすすめなのは、初めに「健康」「恋愛」「ビジネス」この三つについて調べてみることです。これらの本質を小さい頃から知っていたら、人生の効率がかなり上がるからです。


ビジネスを始める

できることは勉強だけではありません。体と頭を使って活動することだってできます。その中でも初めてみるといいのがビジネスです。もし勉強していく中でやりたいことが見つかれば、無理にとは言いませんが、やってみるといいと思います。

これに関しては、社会問題について学んでいけば「社会の穴」が見つかるので、そこにアプローチを仕掛ける形でやりたいことが見つかる可能性が高いです。

ですが、社会問題を解決するのはハードルも高いので、初めはYouTubeみたいな娯楽コンテンツから初めてもいいでしょう。その方が楽しんでできると思いますし。

やり方は調べれば出てきます。そんな時代です。やりたいことをどんどん見つけて、トライしてみてください。


大学へは進学しない

ここまで来ると、大学へ進学する意味ってほとんどないんだってことがわかります。

もちろん、実習などで施設を利用する必要がある理系や医学系は大学へ通った方がいいと思うのですが、大学生の過半数を占める文系に通う意味はほんと無いです。

先ほども言った通り、大学へ進学しなければ塾に通う必要もないので、お金がかなり浮きます。もちろん、それは親のお財布の話なのですが、これを機に浮いたお金から捻出して、本やパソコン・タブレットを買ってもらうといいでしょう。



まとめ

今回の話をまとめると、こうなります。

↓成長するには時間に余裕が必要
↓部活と塾を辞めれば時間ができる
↓時間を使って勉強、活動しよう
↓進学せずに余剰資金を発生させる
↓本やパソコンを買ってもらおう

今の人達ってのは、稼ぐために働いて、働くために就活して、就活するために進学して、進学するために勉強して、勉強するために塾へ通って、塾へ通うためにお金払って、お金払うために稼いで、そんでもって、結局重要なことを学ぶ時間は確保できていないんですね。

これってすごーく遠回りなわけで、同じところをぐるぐる回っているようにも感じます。

そこから人生失敗してから「あ、やべ、道間違えた!」じゃ遅いんですよ。

あなたの人生にとって重要なことがあるなら初めから学んでしまい、さっさと次のステージへ進んでしまいましょう。10年後には時代も大きく変化していますから、その時に活躍できる人間になれるよう、勉強していきましょうね。

ありがとうございました。バンカラ道をよろしく。