一生懸命勉強して大学へは進学せずにお小遣いを大量にもらうという選択肢

家庭によって学校へ通うのにかけるお金に大きな差があるのは知っていますか?その差を考えたら、安く済ませた時に大きなお釣りがくるかもしれませんよ!

学生のうちからお金の計算をして、親としっかり話し合っておけば、家計の負担を大きく減らせるだけでなく、お小遣いまで大幅にアップしてもらえるでしょう。

↓こちらの記事を先に読んでおくことをお勧めします。

参考:大学へ進学しなければ1000万円以上得するかもしれない真実



大学の学費は目が飛び出るほど高い

もしあなたの家庭が大学費用を親が負担するような家族だったとしたらどうしますか?大学へ進学する?しない?それはあなたの自由です。

ですが、仮に進学しない道を自ら選んだとすれば、あなたは家計に大きく貢献することになるでしょう。なぜなら、大学の費用は4年間でおよそ500万円もするからです。

500万円ですよ?そんなお金を親はどこから持って来るって言うんでしょうね。そんな大金を払ってくれるなら、大学へ進学するのをやめて、お小遣いとしてもらった方がいいと思いませんか?

学校へ通うのに500万円も使ってしまったら、ただ学校の授業を受けるだけだったり、わずらわしいレポートや論文などの課題に追われるだけになってしまいます。

しかし、500万円を自由に使えたとしたら、それだけ自分の好きなように投資をすることができるのです。大学は4年間で終わってしまいますが、本来なら500万円なんて4年間じゃとても使い切れる額ではありません。


奨学金を借りるならなおさら高い

もし学費を自分で払うという人は、たいていの場合「奨学金」のお世話になることになります。

奨学金というのは一種の借金のことで、借りた分のお金に対して利子が発生します。借りた額と利子を合わせた額を返済しなければなりません。

仮に500万円全て奨学金で賄うとすると、返す時にはなんと600万円にもなります。そんなお金を将来一生懸命働いて返していく気になりますか?僕は大学へ進学した事を後悔しています。

僕は毎月2万円近いお金を奨学金の返済に充てていますが、この支出がなければパート・アルバイトでも毎月8万円は貯金できます。年間100万円ですよ?(実家暮らしのおかげでもあるが、それも戦略)

本当なら大学へ行かないでそのままブログを運営し始めるべきでした。そうすればもっと早くパソコンが買えたし、時間にもお金にもストレスにも余裕があったはず。とても後悔しています。



学習塾の費用もそこそこ高い

大学の次に高いのは学習塾の費用です。

これは小中高で合わせてだいたい160万円もするのですが、初めからサラリーマンにならないことを選んでいたとすれば、何のために勉強しているのか良くわからない学校の勉強のために塾まで通う必要はなくなります。

160万円、いや、6万円でもいいです。このお金を学習塾ではなくて、いろいろ読みたいと思った本のために使わせてくれたならどんなに良かったことでしょうか?

あなたは塾や予備校へ通いたいですか?それともいろいろな本やブログ記事を読んで、学校では教わらないいろいろなことを勉強したいと思いますか?僕は100%で後者です。いろいろなことを勉強します。

参考:大学へ進学しない人も高校卒業までは一生懸命勉強するべき5つの理由

塾になど行く必要はありません。それよりももらうべきなのは「自分の勉強」をするためのお小遣いです。



学校にかけるお金と経験は関係ない

学校の勉強が全く持って役に立たないとは言いませんが、それに大金をかける意味ははっきり言って無いと思ってください。

なぜなら、学校の勉強はいくら頑張ったとしても所詮は教科書の範囲内のことしか学ばないからです。

学校で大切なのは周りの学生と話をしたり恋愛をしてみたりすることです。その中で「教育のここがおかしい」「自分にはここが足りない」「自分はこうなりたい・たくない」など、色んなことに気付くのですから。

それに、人生の目的を考えたら学校生活も楽しんでおかないともったいないです。逆に言えば、色んなことに気が付いて、楽しんでいればお金をいくらかけているかは関係がないということになります。

なので、できるだけ学校にはお金をかけない方がいいでしょう。その分お小遣いをもらって、美容健康、恋愛、オシャレ、社会問題、ビジネス、自己啓発など、いっぱい勉強してください。



100万円もらったっていい

もしあなたが小学生から一生懸命自分で勉強して、塾や私立学校にお金をかけないようにしたとします。だとしたら、そこで浮くお金は100万円をゆうに超えるでしょう。なら、その分をもらえないかどうか親に説得したっていいと思います。

もちろん100万円はもらえないでしょうが、あなたが初めから明確な理由を持って親に話を持ちかけたなら、毎月1万円のお小遣いをもらうことは難しくないかもしれません。

中学生になる13歳から多くの人が大学を卒業する22歳までの10年間、毎月1万円ずつもらっていれば、いずれは100万円を超えるでしょうね。



親に真剣な姿を見せること

ここまできたら行動するしかありません。本気で本を買って勉強して、その姿を親に見せてあげましょう。最低でもスマートフォンでのネット閲覧ぐらいにはお金をかけさせてくれるはずです。

それだけでもいいんです。スマホに毎月1万円かければかなりの量ネットサーフィンすることができます。

そんなことをしなくても、家にネット環境(wifiなど)を置いてもらって、あとは安いタブレットを買ってもらってください。そうすれば、毎月3000円程度でインターネットが使い放題になります。

あとはそこから欲しい本を見つけたら親に頼んで買ってもらってください。もしくはもらっているお小遣いを使って自分で買いましょう。

また、「僕は塾にも私立学校にもいかないから」という話を積極的に親へ持ちかけましょう。その理由も含めて話すことができたら、親はきっと感動します。

「家計に負担をかけたくないし、教科書の中だけじゃなくて、もっといろいろなことをたくさん勉強したいんだ!」

こういうことを話しておくのです。絶対に効果ありですよ!



まとめ

学校や塾にお金をかけるくらいなら、多少の苦労と自由を持って、自分で勉強した方が絶対に得をします。

私立学校や塾にお金をかけるというのは、一種の逃げ道だということを覚えておきましょう。お金で解決するわけですから。そんなことをするくらいなら、攻めの姿勢で勉強してやりましょう。

そうすれば必ず、これまでよりもやる気が出てきますし、何より自由なので余計な負担が減る分、学校の授業にも集中できるようになるでしょう。眠くて机の上にゴロリ、なんてことがなくなるんです。

退屈な時は自分が読みたい本でも読んでいてください。あなたが本気であればあるほど、周りの人は認めてくれるようになります。

そうして親を味方につけることができれば、お小遣いを多めにもらうことは難しくないはずです。

これは戦いです。頑張りましょうね。