【2022年版】再び始まる普通の生き方「中卒→下仕事→自立」

時代の変化が大きい今。

多くの学生が頭を悩ませ、苦しんでいます。


しかし、朗報です。

今までの時代が誠に意味不明のぶっ壊れ社会だっただけであって、これからの君達は、もっと楽に楽しく生きていけるんです。


日本の未来を託したいので、しっかり読んでください。

大卒は国語・算数ができないクソな奴ら

僕は当時、大学を辞めたかった。

しかし、親の許可が必要な東海大学では、親が壁となって、学費の借金が膨らんだ。


日本は本来、中卒で働く国です。

実際に求人もたくさんあります。

なぜなら、そもそも学問は自分でするものですし、高学歴な人ほどお金がかかるからです。


奨学金で作った学費の借金を返すのは、あなたや親かもしれません。

では、そのお金がどこから流れて来るかは分かりますか?


会社から給料が支払われますが、お客さんから会社に給料が支払われ、国から支給されたお金で暮らす人がたくさんいます。

つまり、「あなたの養育費=国の借金」なのです。


チャラチャラと性行為を洒落混みながら大学を出たのに、ビジネスも商売も経済も人生も世間も人間も、何もかもわからないまま。

それで、リクルートスーツなんて専用に買ってきてコストを無駄にかけ、嘘っぱちの笑顔で面接を受けに来る若者ばかり。

企業も人材を育てなければならないので、泣く泣く月給20万円を払うしかありません。


志のある人だけ進学すればいいんです。

じゃないと、ただのコスト、社会負担、負債であり、雇えば雇うほど、倒産へと向かいます。


ここで気になるのは、企業が採用条件に設定している「大卒」の部分でしょうか?

新規一括採用の市場は「底辺」のゴミ溜まり

採用には、主に3つの段階があります。

⒈コネ採用
⒉中途採用
⒊新卒採用


本来普通であるのは、1番の「コネ採用」です。


極論、社長とご縁があればいいんですよね。

エントリーシート、筆記試験、面接とか色々ありますけど、最終的には「社長面接」で決まります。

だったら、コネ採用とやってることは同じで、新規一括採用がどれだけ余計なコストをかけているのか?が分かるはずです。


中途採用は、年齢やキャリアに関係なく、評価されれば雇ってもらえるやつですね(企業の体質にもよります)。


で、現代はクソみたいなゴミ学生(僕もそうでした)しかいないので、社長はコネ採用がしたくてもできないんです。

そんな状況に対し、仕方なく、ゴミを集めた中から、篩(ふるい)にかけて、普通のやつを探すしかないわけでした。

別に中卒で普通に生きていける。

中卒なら、学習塾に100万円もかけなくて済みます。

すぐにアルバイトで働き始めて、好きな本を読んで勉強したり、好きな人とデートしたり、行ってみたい場所へ旅行することもできます。

そうやって、下仕事や汚れ仕事を経験し、地方で行われている様々な事業や、その裏で活躍する多くの人たちが流す汗を知ること。


同時に体を鍛え、心を磨いていく。

すると、人から好かれたり、頼られたり、仕事の現場で仲間やお客さんに元気を与えたりする子もできるようになっていきます。

そしたら、コネ採用に必要な「ご縁」を作るのが簡単になって来るのも当然。


自分という人間が安定してきたら、業務委託の仕事で「自立」するのがおすすめです。

例えば、荷物の配送ドライバーとか、職人の手元作業とか。

確定申告を覚え、自分の生活スケジュールやお金管理を自分で行う癖をつけるわけですね。


最後は、自分のやりたいように生きればいいと思います。

開業してもいいし、就職してもいいし、今の時代ならクリエイターの道も開けています。

最後:もう説明することが無い

これだけなんですよ。

なのに、みんなで堕落し、そのためにお金と時間と労力をかけ、個人の借金と国の借金を増幅させているのに、政治家のせいにしている。


そりゃね、政治家も心がブラックになりますよ。

会社の社長や上司も、部下に対してイライラしますよ。

時代が腐っている。


ならば。


ただ、普通に生きたらいいんです。

生き方がわからないなら、興味あることからでいいから、読書して、補足的な部分はスマホで検索したらいいんです。

老後の心配している人の横を杖ついたお年寄りが歩いていくなら、体ぐらい毎日ちょっとづつ整えたらいいんです。


人は、みんな経済の一部。

経済とは、人々の活動と、その結果としてのお金の動きのこと。

その中で暮らしている以上、生まれた時から社会の一員であり、社会人な訳です。


今は民主主義の時代ですから、自分から主体的に活動すること。

当たり前のことを、普通にやりましょう。


お母さんのおっぱいを飲み続けるわけにはいきませんから。