一生パート・アルバイトで生きるなら高校卒業までに決断しろ

金原です。

「俺、こんなんで将来正社員として働けるんだろうか・・・。」

「私、将来正社員として働くのは嫌だな・・・。」

中学校・高校の間からこんな風なことをぼんやりと思っている人は多いと思います。現に全体の40%が非正規労働で働いている訳ですし、学校にいるクラスメイトの半分弱が正社員にならないと思えば全くもって人ごとではありません。

そこで、将来特にパートかアルバイトで働いていくことになるかもしれない人達に、いくつかアドバイスをしておきます。

まず言っておかなければならないのは、パートアルバイトの道を選んで得をしようとしたら、最悪でも高校卒業までにその道を選ばなければならないということ。高校卒業時でも少し遅いかもしれませんね。できれば中学校の間に決めてしまうのが理想です。

それはなぜなのか?読み進めていけば解るはずなので、大卒パートタイマーである僕のアドバイスを受けてくださいな。



パート・アルバイトで働くなら私立の学校へは行くな

もちろんこれはお金の話です。

私立の学校へ行くとお金が結構かかる訳ですが、そもそも私立学校へ進学するメリットというのが、楽に大学へ進学できることぐらいなんですよ。

もちろんレベルの高い授業や部活に身を投じることもできますけど、パート・アルバイトの人たちにとってはあんまり関係がないことです。

つまり、いらない投資はするなということ。どうでもいいことにお金使ったってしょうがないでしょ?ということで、次のことも当てはまります。



パート・アルバイトで働くなら大学へは行くな

大学へ進学するのって、ボッタクリなんじゃないかってぐらい、すごいお金がかかるんですよ。4年制の大学へ通えば、ざっと500万円ぐらい。将来パート・アルバイトやってくなら、そんなお金払ってる場合じゃありません。

参考:大学へ進学しなければ1000万円以上得するかもしれない真実

こちらの記事でも紹介していますが、大学へ進学する組の人たちは、塾へ通ったり私立の学校へ行ったりで、大学自体の費用以外にもものすごい金額を支払っています。

将来お金を払う為に働くみたいで馬鹿らしいので、次はこれも当てはまります。



パート・アルバイトで働くなら塾へは通うな

小学生の頃からずーっと塾や予備校へ通わないようにすれば、なんと約160万円もお得になります。

つーか、そもそも将来パート・アルバイトで働く組の人たちは私立の学校を狙うこともないし、大学を狙うこともないんですから、塾や予備校へ通う意味もない訳です。

お塾へ通う暇があったら、本でも読んでた方がいいですよ、マジで。

テスト対策をして、テストの点数ばっかし良くなったって仕方ないんですよ。それよりも色々な知識を得て社会的視野を広げたり、ブログや日記でも書いて言語化スキルを高めた方がよっぽど勉強になります。

それこそ周りのみんなが学校のつまらないお勉強をしている内に、こっちは将来どうやって生きて行くかを学んでおきましょう。



結婚してパート・アルバイトになるならは色々と行くな

将来結婚したら正社員をやめようと思っている女性の方達。

夢があってその仕事に就くというのなら話は別なんですけど、やっぱりお金のことを考えたら、初めから正社員の道を選ばずに、大学へも私立学校へも塾へも行かない方がいいです。

大学を卒業しようと思ったら、だいたい1000万円くらいかかります。結婚して正社員を辞めたとしたら、ほとんどの場合支払いが済んでいないからです。

仮に大学の500万円を奨学金という名の学生ローンで支払った場合、毎月2万円を支払っても40歳ぐらいまで支払いが続くことになります。40歳で初結婚しますか?ちと遅いですよね。

それに、私立学校へ通ったり塾へ通ったりしたら、取り返さなければならない金額はもっと膨れ上がります。ですから、初めから楽して、美しい状態で歳をとって、いい旦那さんを見つけて幸せになった方がいいというものなんですよ。



できれば中学生の間に決断しろ

どうしてパート・アルバイトで生きて行くなら早い内に決断しなければならないかは解ったと思います。

早いとこ決断しないと、余計な時間、お金、労力、色々なものがどんどんかかってしまうからです。非常にもったいない。

まずは大学へ進学しないという決断をすること。もっと早く私立学校へは進学しないという決断をすること。それよりも早く塾へは通わないという決断をすること。そして、代わりに社会勉強をして将来どうやって生きて行くかをよく考えること。

パート・アルバイトの道を選んで周りと差をつけるには、とにかく早い決断をしてください。それだけあなたの人生は楽になり、あなたの養育費を支払う親達も楽になります。

決断が早い方がいいというのは、実はどの道を選ぶ際にも言えることです。ただ、今の日本教育には非正規労働で生きて行くというパターンが用意されていないせいで、あなたの選ぶべき道が見えなくなっている可能性があるのです。



パート・アルバイトでも豊かに暮らすことは可能

こちらの記事『一生パート・フリーターでも豊かに生きていくための3つの条件』でも話していますが、一生パート・アルバイトでも豊かに生きて行くことは可能です。

あなたに将来に対する迷いがあるなら、今のうちに真実をはっきりさせて、比較的楽な生き方でもいいんだということを胸を張って言えるようにしてください。

まだまだ情報は不足していると思います。自分の将来のことについて、もっと調べて、もっと勉強してみましょう。この記事が少しでも役に立てば嬉しいです。

ありがとうございました。バンカラ道をよろしく。