国民が社会的意義のある目的を持つには社会問題を共有しよう

金原です。

これからもっと社会が発達してくれば、人々は「社会的意義のある目的」を持つ様になってきます。個人的な成功を手にするのが簡単になるほど、その次のステージである「社会的意義のある活動」を始める人が増えるのです。

ただ、放っておいても皆がそうなると言う訳ではありません。どこからが個人的な成功なのかすら分からない人が大勢いますし、誰かが引っ張り上げてやらないといつまでたっても気付かないタイプの人が大勢いるからです。

国民に社会的意義のある目的を持たせるには、「社会問題の共有」をさせるのがいいでしょう。そうすれば社会的視野が広がりますし、社会的意義のある活動に目覚めるきっかけとなります。

きっかけを与えた方が人は早く気付き、成長し、行動し始めます。これは人が人にあらゆる教育を行う理由となんら変わりありません。早いところ人々を「次のステージ」に立たせる為にも、日本教育に「社会問題の共有」を組み込むべきです。



一人一人が社会的意義のある活動をする時代になる

社会が発達すると言うことは、人々がより楽に生きられる様になり、より簡単に個人的な成功を収めることが可能になると言うこと。すると人は、「次の段階」へ進もうとし始めます。

人々は自分だけの成功では満足できなくなり、他人や社会について納得いかない部分をどうにかしようとし始めるのです。これはつまり、社会的に意義のある活動をしようとし始めると言うこと。

お金をかけない生活をすれば、個人的に成功するのは非常に簡単な世の中になってきました。それでも人には納得がいかない部分があるのです。この社会を見渡せば、そこには気にくわないことが沢山あります。

衣食住のこと、街並みの汚さ、インフラのこと、政治のこと、企業のステークホルダー…。そういった事柄をガチで解決に走る人がこれから増えてくるのは間違いないです。僕もそれに加担したいと思ってます。



社会的意義のある目的を持つには社会問題を教えるべき

ただ、放っておくといつまでたっても「前の段階で止まったままの人」が大勢出てきます。ただでさえ個人的な成功を手に入れていない人が大勢いる中、次の段階を教えなければ「自分一人の成功止まり」の人が大勢になるのは目に見えているのです。

人は「きっかけ」を与えないと中々変化しません。これはアフリカの人々とアジアの人々の発展を比べて見ればわかることでしょう。それはいかにきっかけを与えることが重要なのかを物語っています。

なので、国民一人一人があらゆる社会問題に触れる機会を設けるべきです。そうすることで、人は早く次のステージがあることに気付きます。「個人的な成功を収めることなどなんてちっぽけなことなのだろうか」と思わせればいいのです。

これは教育の中に落とし込めば簡単に実行できます。それに、社会の先生になる人もぜひやりたいと待ち望んでいるはずです。なんで今の教育には社会問題を教える時間がないのか疑問で仕方ありません。



社会問題を共有することが目覚めるきっかけとなる

人は個人的に得た情報だけでは「へーそうなのか」と思う程度で終わることが多いです。これではせっかく学んだ社会問題も単なる情報に過ぎません。なので、社会問題に関する情報は個別に得るのではなく、「集団で得る」必要があります。

そうすることで、人は「そう言うものなんだ」と思う様になるのです。これはもちろん、「世の中は問題で溢れていて当然」と思うことを言うのではなく、「これを解決していく時代なんだな」と言う認識を持つと言うこと。

これはいい意味での「洗脳」にあたりますが、もともと全ての教育は洗脳の側面を持っているので仕方ありません。それよりも、集団で学ぶことにより、「時代感」を持たせることが重要です。

「こう言う時代に僕らは生きているんだ」と言う自覚を持たせることができるのは、テクノロジーに触れる以外なら社会問題を教えること。そろそろ社会の勉強で過去のことばかり教えるのではなく、「今のこと」を教える時代が来ていますよ。



最後に

スマホぐらいなら放っておけば勝手に触っておいてくれると思いますが、社会問題となれば、きっかけを与えないとなかなか触れる機会がないと思います。なので、社会が進化すればするほど教育は計画的に意図を持ってやらねばなりません。

その中で国民全員にあらゆる社会問題を教え、皆で共有することができれば、必ず次のステージへ進む人は増えます。しかも若い内からです。

情報の拡散スピードの上昇により、もう世の中のあらゆる「基準」が崩壊し始めています。年功序列、GDP、男女、様々です。ですから、もう成功という概念が大人になってからというのは古すぎる考えだとも言えます。

環境さえ整っていれば、高校生、早くて中学生から成功することが可能な時代だと言えるでしょう。その分、早い内からあらゆる社会問題を国民に教えていく必要があるのはもう分かりきったことです。

できるだけ早いうちに成功の基準とはなんなのか、そして、解決していくべき社会問題にはどんなものがあるのか、教えなけばいけません。それは個人を次のステージへ進ませるだけでなく、社会全体を次の姿へと変化させる重大なきっかけとなるです。

ありがとうございました。バンカラ道をよろしく。