風の時代?銀河の時代?意味の完全解説とこれから先の人類史

金原です。

今回は、本物の導師、魔法使い、神官になりたい人に向けた記事。

願望成就が流行ったって、結局はみんな自分勝手ですから、尚更のこと、あなたたたちが本物でいてください。


で、前置き。


成功しようとした時、あるいは、元々成功している人が、世界を導く時。

そこには、条件とか、法則とか、真理とかいうものがあります。


で、時代ごとに流行が全然違うから、時代に左右されない「常識」が必要になってきます。

すると、「時代の穴(大と谷)」というものが見えてきて、「流行は時代ごとの病気」だということが分かり、「病気も使い方次第で必要だよね」となり、万物の扱い方がわかってくるわけです。


そう、「万物の霊長」な訳で、ちっぽけな地球にいながら、宇宙の理さえ利用して、願望成就し始める。

現と霊の真実

よく言います。

「風の時代は軽やかに」
「風の時代は形の無いものに意識が行く」
「銀河の時代は世界平和をみんなで作る」


まあ、間違いではありません。

ただ、その「更なる次」を知っておいておかないと、どこへ向かって進歩向上していけば良いのか、人類がその指針を失うタイミングが再びやって来てしまうものなのです。


その時、現代のフワッとした感覚で生きるということがどういうことなのか?

それを分かってないと、世間を知ることができずに、過去現在未来の人類全体を願望成就へ導く「天皇家レベル」にはなれないし、本物の導師とは言えません。

風の時代も現の内

現が物質的なもの、有物的なものだと言います。

それに対し、科学や物理学も進歩しているようで、「無から有が生まれた」なんて言い出してます。


確かに、物体を細かく見ていくと、最後はただの波長になってしまう。

ってことは、「全てが波から生まれた」んだと。

波長が魂の正体であり、想念が未来の世界を映し出すと。


間違いではありません。

でも、波ってことは、上下があります。

立体的に見ると、螺旋構造で、うねる竜巻みたいなものです。


では、渦巻くための、その空間はいつ生まれたんでしょうか?


波だろうがなんだろうが、この有物的空間の中で動いているわけです。

なら、波長・想念が宇宙を作ったわけでは無いわけです。

あるいは、魂が波長よりももっと次元の高い概念であり、宇宙よりもはるか以前から存在しているのか。


つまり、空間は物体では無いけれど、体が無いだけで、「物」なんですよね。

風の時代の願望成就は、人類が万物の霊長として、「物の扱い方を再び覚えた」ってだけです。

霊とはなんなのか?

波長が動く、この大きな空間、宇宙。

それを含めて、「無から有が生まれた」というからには、やっぱり「宇宙誕生の秘話」ということになります。

しかし、それは哲学だけではなく、科学的な仮説立てです。


3次元だけでも、上下・左右・前後とあります。

地球、太陽系、銀河系。

まあ、そんなレベル。


しかし、「次空間」と捉えれば、4次元となり、過去・現在・未来。

そして、パラレルワールドを選び始めると。


で、結局、みんな自分中心に考えてるだけなんです。

内側の点、現在位置が地球だということが認識できるんですが、宇宙の外側についての研究はまだ。


宇宙は、外側から生まれたのでしょうか?

だとしたら、ブラックホールってなんでしょうか?

多分、空間の広がり自体に波があって、宇宙も広がったり縮んだりしてます。

まあ、一個の細胞みたいなものです。

ブラックホールの中に宇宙がある可能性

細胞の中には核があり、遺伝子があり、それも物質からできていて、最後は波長になってしまいます。

逆に、細胞の外には体があり、世界が広がっているんです。


じゃあ、ブラックホールの中って?


宇宙が中心から始まったとしたなら、次元に1・2・3・・・という広がありがあるなら。

きっと、「0」が、「00」となり、「000」となっていきます。


「まるかいてチョン」


思い描くのは外側からで、外の世界を見に行きます。

そして、真実を解明していくと、内側に気が向いていく。

細胞の中、物質の構造、ブラックホールの中。


初めは点だと思っていたのに、蓋を開けると、「0の中に0がある」。

数値上は、「10000」〜「0.0001」の差が大きく、概念として比べたら、構造は同じ。

原点をどこに置いたか?で、「0の位置(基準の位)」が変わる。


果たして、僕らが住む宇宙はどの位置のゼロなのか。

銀河の時代に宇宙を想いなさい

宇宙の話をしましたが、「今は銀河の時代だ」と言われています。

その意識範囲が一般化しているということです。

なら、その時代に成功しようとした時、世界を導こうとした時。

我々は「宇宙の平和」を考えなければいけません。


宇宙人との戦争???

いいえ、星占いの話ですよ。


人類一人一人が星々からの影響を受け、僕らの想念が宇宙を動かしています。

だって、この手の平にさえ、神経が通っていて、電気が流れているんです。

フレミングの法則ですから、バチバチの電磁波が出てます。

体熱があるならマイクロ波が出ているし、蒸気が出るならイオンが発生中です。

心で脳の発火状態が変わり、流れる電気や体温、発汗量、心臓のリズムが変わり、手を叩いたり、声を出したりもする。

背骨には太い神経があり、体全体がテレビアンテナ状態。

目線や指先を向ければ、そこにビーム発射しちゃってます。


その影響は、宇宙の広さに対して、微々たるものかもしれません。

しかし、そのわずかな「ズレ」が、交通事故を引き起こすこともある。


スペースシャトルを打ち上げるのが、一体どれだけ大変なのか。

地球の周りを回り、月へ行くとしたら、始めの1ミリが、途方もないズレを生んでしまう。

最後に:今日の1日は何キロメートル移動する?

インターネットで、世界に影響を与える人もいます。

Facebookの友達をたどることもできます。

なのに、あなた一人では世界が変えられないと思っていませんか?


風の時代、みんなはこの地球を大きな船だと思ってます。

マスト(理想)に帆を張り、風に乗って進む。

舵取りは難しいことでしょうか?


風水(リラックスと愛情)だって言うなら、天地を結んだ時の南にあたる「火」が抜けちゃってますね。

つまり、人々の心に熱がない。


熱が無いと風が起こりません。

では、僕らの役目はなんでしょう?

そうです、風を起こすことです。


風の時代には、天狗が風を起こし、世界を動かす。


それに必要なのが火なら、天照大神。

星空が消えた時、もっと燃やさないといけない。

六道輪廻の図で、風の次に火が来る訳ですよ。


暗き世に
死者の星々
忘れてか
地面見つめて
ゴミの一つも


宗教は「天→地→人」のうち、始めの天です。

次は地で、修行が流行ります。

ヒエラルキーの下階層で、縁の下の力持ちが頑張り時。


本当に世の中変えたけれりゃ、役座(ヤクザ)から実践開始です。

ゴミ拾いして、挨拶して、世間話して、悪いやつを黙らせて、何でも屋から始まりました。

元禄文化の再来。


花魁(士女)が男を育てます。

なら、教養のあるあなたが、花魁を育てる花男になってください。


さあ、祭りです。

下町からの、政。

ボトムアップは10年以上前から言われてましたよ〜


街中を練り歩いて、ゴミ拾って。

神輿担いで、ワッショイ散歩。


さあ、そのズレが、地球一つくらい、簡単に変えちゃいます。

銀河を歩くも一歩から。

勇気を出して、挨拶しましょう!

ゴミ拾いましょう!


てへぺろ〜〜